離婚審判の費用

調停離婚が成立しないとき調停にかわる審判で離婚の決定がされる場合があります。
離婚の審判申し立てに必要な費用は審判申し立て書に貼る収入印紙600円と家庭裁判所に予納する切手800円ほどですみます。あとは特殊な鑑定などがあればその費用が必要になります。
そして熟年離婚の審判手続きで弁護士に依頼するならばその費用、着手金と成功報酬が必要になってきます。これは弁護士との話し合いで決めることができます。ただ比較的、審判はそう難しいものでもないので家庭裁判所にも相談室があり、自分でやることも可能でこの場合は弁護士費用は必要なくなります。また離婚の審判にかかる時間は普通は数ヶ月で審判が出るのに対し、ケースの難易度によって数年にわたる場合もあります。

Copyright © 2006 熟年離婚. All rights reserved