精神病

高齢化社会になりボケ、アルツハイマーなどの病気も増加してきています。このような精神病を原因とした離婚もこれから増えてくるでしょう。精神病離婚では強度の精神病であり夫婦共同生活が破綻している場合は離婚を認められています。また基準がないため個別的に判断されるともいえるでしょう。どちらにしろ熟年離婚の原因のひとつとなることはいうまでもないでしょう。

Copyright © 2006 熟年離婚. All rights reserved