性格の不一致

ここ数年離婚の動機として「性格の不一致」を理由とする離婚が増えてきています。しかし現実その理由だけではなかなか離婚を認められることは難しく、一方が離婚の申立てを拒否すると裁判のところまでいくことが多くなります。熟年離婚でも夫婦を長くやってるうちにいろいろな問題の不満や不信感が積み重なり相手に我慢が出来なくなり愛情まで喪失してしまい夫婦生活が破綻するといったことで動機のひとつとなっています。

Copyright © 2006 熟年離婚. All rights reserved