浪費妻

近年、女性の浪費という相談が家庭裁判所でも増加しています。これも程度によるもので夫婦で話し合い協力しあい夫婦共同生活が回復することが不可能ではないと判断されれば離婚を認められません。しかし浪費を注意したにもかかわらず繰り返し行い家庭を壊すようでは離婚もやむを得ないとされると考えられます。熟年離婚でも定年後やっと家庭に目を向けた夫が妻の浪費に気づきこういうことが熟年離婚の原因になるとも考えられるでしょう。

Copyright © 2006 熟年離婚. All rights reserved