酒乱、暴力夫

酒乱、暴力などによる離婚の申立ては毎年上位を占めています。たとえ夫婦間であっても、また酒が入っていようがいなくても暴力は許されることではなく裁判所でも暴力については厳しく対処し改善の見込みがなければ離婚も認められています。熟年離婚でも定年を迎えた夫が昼も夜も毎日酒を飲み、もし暴れたり暴力を起こしたりすることになれば熟年離婚の原因となることも考えられます。

Copyright © 2006 熟年離婚. All rights reserved