姑との仲

嫁にとって姑との仲は離婚の原因になる大きな要素ともいえます。この場合単に仲が悪い程度ならとても離婚は認められません。夫、妻が親族との不和を解消するため、その間に立ちどう配慮、努力を行ったのかということがの成否をわけることになります。いえば親族との不和が原因で円満な夫婦関係が回復できないぐらい破綻してしまい、義父母の虐待、侮辱が誰がみてもひどいと判断されるような状態でなければ裁判ではなかなか離婚は認められないということです。逆に熟年離婚では永い歳月姑のいやがらせに嫁として我慢してきたが夫が全く努力しなかった場合、離婚請求は認められる可能性があると考えられます。

Copyright © 2006 熟年離婚. All rights reserved