熟年離婚が増えるわけ

熟年離婚が増えるわけのひとつは夫婦数そのものの動きが影響しています。若年夫婦が年々減少、団塊の世代がつくる夫婦の大集団が50代に移ってきたこと、また恋愛結婚が多くなり初期の解消が減ってきたことにより熟年離婚の発症率が高くなってきています。
もうひとつ直接的な理由としてはやはり現代社会の考え方の変化であり、昔のような離婚というものの印象が変わってきたことにより熟年になっても夢を持ち再出発しようとする考えができるようになってきたこと、女性がはっきりとした発言が出来るようになってきたことが熟年離婚が増える大きな原因と考えられるでしょう。

Copyright © 2006 熟年離婚. All rights reserved